CMS開発|大阪のWeb制作なら株式会社ゼロゲートへおまかせください

一般的なWordPressでのご対応はもちろん
独自の仕様に沿ったCMSの開発も。

「Webサイトを自社の好きなタイミングで更新。」「コンテンツビジネスとしてオウンドメディアを展開したい。」
このような場合、Wordpressを導入することで最も費用対効果が高くご提供できます。

他に、自社でリリースする求人サイトなどの情報コンテンツで「得られる情報を自社の保有するデータベースと連動し有効活用したい」など、WordpressやMovable TypeなどのCMS製品で開発を進めると、逆に費用が膨らんでしまうばかりか使い勝手が悪くなってしまうケースもございます。
そのような場合は、お客様独自のCMSをフルスクラッチでの開発が最適解となります。

CMS導入の採用割合

CMSを使ったWeb媒体の展開は、お客様がご要望する仕様に応じてケースバイケースです。Wordpressは非常に有用なCMSのオープンソースとして有名ですが、ゼロゲートではWordpressだけにこだわらずお客様にとってベストなCMSをご提供をしています。

WordPressを利用した管理画面イメージ

Wordpressを利用した管理画面

独自CMSの管理画面イメージ

独自CMSの管理画面

WordPress等の汎用型オープンソースが向いているケース

WordPress、Movable Typeが適しているケースはおおよそ以下の4つのケースに分類できます。下記に当てはまるコンテンツを展開したい場合はWordpress等を採用するのが適切です。

コーポレートサイト

Web制作において自社サイトを運用する場合、新着情報や社員ブログなどの一部のコンテンツの定期的な更新などのためにCMSを採用する場合、Wordpressが最も適しています。

ブログコンテンツ

スタッフブログ等にも最適です。コメント欄を利用してお客様とコミュニケーションを取ることができます。「お客様との親密性」を高めることに役立ち、常にサイトを見ている企業のファンの獲得にもつながります。

メディアサイト

ニュースや専門記事などのコンテンツで構成されるサイトにおいても、小規模サイトから大規模サイトまで柔軟に対応できるWordpressは親和性が高いです。

ランディングページ

流入広告に応じてタグラインを細かく変えたパターンを作成しABテストを実施する場合など、運用でチューニングを行うケースが多いです。その場合、必要な要素だけ変更したパターンを作成する点でWordPressは適しています。

上記以外のケースだと独自CMSをフルスクラッチで開発することをお勧めします。

例として向いていないケースでは、ユーザー参加型サイトなどが当てはまります。Webサイトの発信側だけでなく、ユーザーを参加させる形でコンテンツが成り立っているものです。ユーザーの情報投稿を集めて掲載するもの以外にも、写真を投稿させるキャンペーン応募サイトや、ユーザー間をマッチングさせるCtoCのWebサイトもユーザー参加型サイトになります。
このようなケースもWordpressを使って開発を行うことも出来ますが、システムの使い勝手とWordpressのカスタマイズに必要な工数を鑑みると、費用面でも機能性においても独自システムで構成したほうが優れていると言えます。

CASE STUDIES

燻製スギヤ商店
詳しく見る

燻製スギヤ商店Web制作

燻製Dining Ojiji
詳しく見る

燻製Dining OjijiWeb制作

スーパーおやじフェス2019
詳しく見る

スーパーおやじフェス2019Web制作

喜怒哀楽オウンドメディア
詳しく見る

喜怒哀楽オウンドメディアCMS開発

CONTACT

ご相談やお見積りなど
お気軽にご相談ください

  • 1

    お問い合わせ・ご相談

    御見積書のご依頼や詳しいご相談をされたい場合は
    お問い合わせフォームをご活用ください。
     

    CONTACT US
  • 2

    会社案内ダウンロード

    社内で検討されたい方のために
    実績などをまとめた会社案内を
    PDFでご用意しています。

    DOWNLOAD

お電話でのお問い合わせはこちら

06-4256-2526

平日10:00~18:00まで。
セールス目的のお電話はご遠慮ください。