Webコンサルティング|大阪のWeb制作なら株式会社ゼロゲートへおまかせください

ゼロゲートはWebの分野に特化していますが
デジタルに関わるすべてを相談できるアドバイザーです

企業はWebサイトの集客運用において以下の3つの問題を抱えていることが多いです。
Webサイトはほとんどの企業が所有していますが、制作チームを社内で抱えている企業も珍しくありません。
ですがWebサイトでの集客に成功している企業は、まだまだ少数です。

1
Web制作会社の問題

マーケティングのノウハウないWeb制作会社では、見た目をキレイに作ることはできても、Webサイトでビジネス的な成果を出す提案はできません。

2
Webマーケティング会社の問題

提案はできても実行ができない会社では、実現可能性を考慮しない机上の空論になりがちです。また自分たちの得意分野に固執してしまうこともしばしば起こります。

3
社内の制作チームの問題

社内制作チームは確かに小回りが利きますが、採用や教育が難しく、やはり専門のWeb制作会社と比較すると戦略的に運用体制を確立させることは容易ではありません。

このような問題に対し、コンサル型のWeb制作会社としてゼロゲートは
お客様のビジョンからビジネスプランの立案をご一緒させていただき
柔軟な発想でそのプランに合ったWeb戦略を組み立てることで集客・ブランディングにつなげます。

ワークフローでWebサイトの課題を徹底的に洗い出します。

ゼロゲートのコンサルティングワークフロー

01.ヒアリング

現状把握をしなければ解決方法のご提案はできません。まずはお客さまの商品やサービス、今後の目標や目的について詳しくお聞かせください。Webサイトへの集客や運用上でのお悩み、問題点などを担当スタッフが時間をかけてしっかりとヒアリングさせていただきます。

02.ビジネス分析

3C分析、SWOT分析などのビジネスフレームワークを活用し、お客さまのビジネスを把握していきます。既存データの分析を行い、現状の課題と問題点と洗い出し改善案を導き出します。

03.競合分析

ターゲットや商材が似通った競合が存在し、ネット上での熾烈な顧客の奪い合いが行われている業界では、お客さまの商品やサービスの競合をリサーチ・分析を行います。競合他社のWebサイトの分析から商品やサービスの調査・比較・分析を行い、差別化をできるポイントを強みとしてWeb戦略を構築いたします。
なお、例外的に競合サイト分析は必ず実施すべきというわけではないときがあります。そのような場合、自らが向き合うべきターゲットにフォーカスし、他の調査を優先することをおすすめしています。

04.ターゲティング

お客さまの商品やサービスのターゲットを明確化します。商品やサービスを提供する上で、顧客となるユーザーの年齢、性別、地域、職業、興味・関心などを把握することは基本です。BtoBの場合、業種だけに絞り込むのではなく、更にその企業のどのような立場の人間がターゲットになるのかを分析する必要があります。
私たちのターゲット分析は、最終的にはWebサイトのコンテンツや設計、あるいはデザインにブレイクダウンすることを前提としたものです。マーケティング戦略がしっかりと立てられている企業からも、ゼロゲートのターゲット分析は高い評価をいただきます。

05.サイト改善設計

既にWebサイトをお持ちのお客さまへは、現行のWebサイトの調査を行い、改善案をご提案いたします。ビジュアルだけではなく、ユーザビリティ、コンテンツ、SEOを考慮した改善を行うことで、集客力アップ・コンバージョン率の向上を図ります。

06.マーケティング戦略

「誰に」「何を」「どのように」を定めていきます。ターゲティングしたユーザーに対して、差別化されたお客さまの商品・サービスをどのように提供していくのかを考えます。Webサイトのプロモーションだけにとどまらず、お客さまの商品やサービスを最大限にユーザーへお伝えできる方法を、お客さまと一緒に作り上げていきます。

07.運用プラン設計

SEO・SEMによる集客方法からイベントやキャンペーン、コンテンツのご提案、またそれに伴うシステム開発まで、Webサイトの運用プランを考案。ユーザーとのコミュニケーションツールとなるWebサイトの構築、お客さまとユーザーをつなげるマーケティング戦略、リピーターを獲得するための運用プランを設計いたします。
公開後のWebサイトをどうするかは、実は戦略フェーズの段階で検討されていなければなりません。その段階で、やるべきこと、目標KPI、予算などの大枠がある程度決まっているべきです。そして設計、開発と進む中で、具体的な運用体制、やるべきことを明確にしていき、公開直前には関係者を集めたオリエンテーションが行われるべきです。しかし、このような戦略から一貫した運用計画を立てずに、公開をゴールにしてしまうと、Webサイトは運用段階で失敗することになります。

08.ロードマップ作成

ロードマップとは、まずゴールを設定し、そのゴールに向かって、ターゲットユーザーはどのように推移し、どのようなメディアが存在し、Webサイトがどのような位置で関わっていくかがフローチャート化されたものです。これにより、ビジネスフロー上のボトルネックはどこか、そのためにWebサイトをどのように改善するべきか、Webサイトの改善はビジネス上のどの数字に影響を与えるか、といったことを明らかにすることができます。
Webサイトはそれ単体で機能するものではなく、大きなマーケティング戦略の中で一部分の役割を与えられ、その役割に最適化されたものでなければなりません。そして、マーケティング戦略と密接に連携するためには、ロードマップでビジネス全体の流れを把握し、その中でのWebサイトの役割を定義する必要があるのです。

09.改善案のご提案

毎月アクセス状況やユーザー動向を分析したレポートの提出はもちろんのこと、月次で問題点・課題を整理し、改善・検証を繰り返しながら、「お客さまのビジネスのパフォーマンスを最大化させる」ことをサポートし続けます。
事業の売上に直結するようなWebサイトでは、目標達成に向けて公開後も継続的にWebサイトを改善していかなければなりません。このようないわゆるグロースハックでは、私たちが様々な実績の中で培ってきた知見を活かして、立場や手段を問わず、事業目標に対してお客様と同じようにコミットし、活動していきます。グロースハックをご依頼される場合には、中長期的な関わりが不可欠となります。そのため、1年以上の継続的なご契約が必要となります。

CASE STUDIES

燻製スギヤ商店
詳しく見る

燻製スギヤ商店Web制作

燻製Dining Ojiji
詳しく見る

燻製Dining OjijiWeb制作

スーパーおやじフェス2019
詳しく見る

スーパーおやじフェス2019Web制作

喜怒哀楽オウンドメディア
詳しく見る

喜怒哀楽オウンドメディアCMS開発

CONTACT

ご相談やお見積りなど
お気軽にご相談ください

  • 1

    お問い合わせ・ご相談

    御見積書のご依頼や詳しいご相談をされたい場合は
    お問い合わせフォームをご活用ください。
     

    CONTACT US
  • 2

    会社案内ダウンロード

    社内で検討されたい方のために
    実績などをまとめた会社案内を
    PDFでご用意しています。

    DOWNLOAD

お電話でのお問い合わせはこちら

06-4256-2526

平日10:00~18:00まで。
セールス目的のお電話はご遠慮ください。