ホームページ制作ではスピードが命。だからワンストップで構築! 株式会社ゼロゲート・大阪

当社の強み|ホームページ制作・WEB制作・システム開発の株式会社ゼロゲートホームページ制作

PDCAサイクルで改善を続けることで最大の価値を生み出す。サイト公開後もしっかりとアクセス解析を行い、継続して最善の方向へと導くことそれが投資効果を最大化するポイントです。

当社の特徴のひとつである、デザイン、システム開発、企画とウェブに関することを社内でワンストップで提供しております。戦略立案から企画・設計・デザイン・開発・運用・検証まで、Web構築の上流工程から下流工程まですべてのWeb業務をコンサルティングし、ビジネスパートナーとしてワンストップのサービス体制を提供します。

ー では、なぜ当社がワンストップ構築をアピールしているのか。
それは、Web戦略・新たなサービスに携わるホームページの立ち上げにはスピードが絶対的に重要になってくるからです。
Web業界もめまぐるしいトレンドの中にあり、時流に沿ったサービスを閃いても、数週間リリースの遅れをとってしまったことで結果が大きく左右されてしまうことがあります。

くどいようですが当社では、お客様のニーズに迅速にお答えできる構築体制を社内に敷いております。
それはコスト面においても外注費などの無駄を生まず、スピーディーにお客様のご要望にご対応することで当社をご利用いただくメリットに寄与しています。

ワンストップでの構築がそこまで重要?

下の図をご覧ください。当社のワークフローとホームページ制作専門の会社を比較したケースです。
当社と同様、自社内ですべて構築ができる制作会社もありますが、多くの場合、ホームページ制作に付随する更新システムの導入や少し複雑なシステムの導入が必要になった場合、デザイン制作を強みとしているホームページ制作会社では社内で対応しきれないのでアウトソースするケースが多いのです。

ワンストップで提供可能な場合とそうでない場合

もちろん、自社にないリソースをもっている他社へアウトソースすることは間違いではありません。成果品質を高めることが出来るので、正解だと言えるでしょう。しかし、そのぶん無駄な時間と余計なコストが発生してしまうのは事実です。

これが独自性の高いコンテンツや、時流に沿ったコンテンツの制作依頼をご検討されていたりする場合は致命的になることもあります。

実例検証:実例から見る Web戦略スピードの重要性

2010年の事例では、米国の共同購入クーポンサイトが日本で流行の兆しがありました。それを見越した多くの企業はいち早く日本での市場を獲得するために制作会社へ依頼し、サービス展開を行いました。
なんとその期間、わずか2~3ヵ月程度です。

その2ヵ月程度の期間で日本初のグルーポンサイトを立ち上げた企業が、グルーポンのパイオニアとして成功しています。ユーザー心理の動向として、追随して立ち上がったサイトよりも一番最初に現れた知名度のあるサイトのほうが市場優位性をもてることは言うまでもありません。

少々大袈裟な例はございましたが、自社のホームページや時流に影響のないWebサイトを立ち上げる場合はこのような影響はありません、ですが上に述べさせていただいたようにトレンドに乗ったビジネスを展開にあたっては何よりもスピードを重視しなければなりません。

ホームページ制作に関するお問い合わせはこちら